活動報告

2019年3月19日

下妻小学校卒業式

 下妻市立下妻小学校卒業式に来賓としてお招きをいただき、ご挨拶を申し上げて参りました。
 今年は、113名が卒業し、新たに中学校生活をスタートさせます。私のこのホームページの過去記事をたどると、この生徒たちが入学したのは、2013年4月8日でした。そこには、ほんの少し前まで幼稚園生だった子供たちと「ご挨拶のやりなおし」をした、と書いてありました。校長先生の「三つの名人になろう」のお話の後で登壇したので、「あいさつの名人」をいただいて、「やりなおし」をさせていただきました。こうして再び生徒たちの前に立つと、その時のことが昨日のことのように思い出されます。
 生徒たちの、このりっぱな成長は、地域の皆さん、ご家庭、学校生活の中で少しずつ育まれたものですが、あらためて教育の素晴らしさを感じさせるものでした。でも、まだ、この子供たちの成長には、時間がかかります。ご出席の保護者の皆様には、今後共、子供たちを暖かく見守って下さるよう、お願いを申し上げました。

目次に戻る
2019年3月9日

片山さつき内閣府特命担当大臣 県内視察

 片山さつき内閣府特命担当大臣が、下妻市の『さん歩の駅サン・SUNさぬま』を視察することになり、私も同行しました。
 この施設は、観光・市民の交流の場所となったり、地元特産品を販売したりと、市内外から親しまれておりますが、視察後、片山大臣は、今後の地方創生を考えていく上での参考になりましたと、おっしゃっていました。

目次に戻る
2019年3月1日

茨城県立下妻第二高等学校卒業式

 茨城県立下妻第二高等学校卒業式式典にお招きをいただき、ご挨拶を申し上げてまいりました。
 今年は、275名の卒業生が、それぞれの新たな世界に踏み出すことになりました。ところで、この卒業生たちの「入学式」は、三年前の4月7日に行われ、私も、ご挨拶を申し上げておりました。選挙権が18歳からと変更された年でした。同年7月の参議院議員選挙が、それから最初の選挙になる時でしたので、そういうお話をして「しっかり勉強して」とお願いしておりました。
 あれから早三年が過ぎ、こうして卒業生諸君を拝見すると、どうやらお願いを聞いていただけたように思えます。今後は、進学、就職など、それぞれの道を歩むことになりますが、たくさんの経験を重ねて立派に成人の日を迎えられることを、期待しております。

目次に戻る

これまでの活動履歴

活動報告の検索ができます